人のパーソナルトレーナーと馬のホーストレーナーのてらいです。
活動は東京四谷の心身健康倶楽部と埼玉県所沢市です。

ブログの久々更新です。
iPhone にかえて入力ができませんでした。
言い訳です。

昨日は朝1で馬のトレーニングでした。
いつもどんなことをやっているのかと言うと 左右の柔軟運動と指示命令に忠実に動くように訓練
しています。2本足で立っている人間は向きを変えることは脊椎を左右に旋回すれば方向転換できます。

馬の場合4つ足で脊椎が水平に位置しているので、
方向転回は人でいう側面曲げ 側屈させるんです。
そのため 左右の得意 不得意 などがありゆっくり柔軟運動してあげるんですよね
曲げたくない方向もあるので、なだめながら、時には強く 時には優しく対応していくんです。

なんで馬のことを書いたかというと
本日の日経記事7面に 【部下の手綱さばきを磨け】の見出しで
業界では大手の乗馬クラブクレインさんが管理職向け研修を始めるとのこと。
馬は人間の指示や態度を深く観察するため、コミュニケーションの訓練に役立つらしい。
人材教育の会社と組んで研修プログラムをつくった。

馬への指示と馬の動きを通じて指示と行動の一貫性が重要
つまり馬に進むように手綱や言葉で命令しても乗っている人の体が緊張して硬くなっていることが伝わると馬は動かない。管理職としての指示の明確さの大切さを理解してもらうと書いている。

無理ある研修かなと思うけど、スポーツ産業と研修のコラボ 10社ぐらいと契約を目指すとのことで 私もパーソナルトレーニングとホーストレーニングのコラボ考えてみよう!