l_02

心身健康トレーナーのてらいあきらです。

ランニングをお好きな方は、多いですよね。フルマラソン走られる方も多いですよね。昨日(9/29)の日経新聞のランニング特集記事よりランニング特集より心拍数に関しての記事がありました。

内容は、ランニングで同じペースで走っても 夏と冬では体に掛かる負荷はちがう。気温、湿度、コースの起伏、風向き、その日の体調にても負荷が変わります。多くの方は1km5分 とか6分というペース(速度)を指標にしている。これは運動強度が分かりにくいので 心拍数を役立てよう。なぜなら、運動強度(体への負荷)が高まれば、心拍数が上がる。心拍数を指標走れば、適正ペースを保ってコントロール出きるという記事。

なるほど、パーソナルトレーナーとして、クライアントのセッションしているときに、自分もポイントなのであえてブログに書かせていただきました。

心拍数を頼りに走るポイント

①レースやトレーニングで心拍数をチエック

②その心拍数を指標にペースを調整

③ふだんより心拍数が高かったら体調不良の可能性

④気象条件によって心拍数は変わる

 

など

かっては心拍数モニターが大きかったので実際上計測しにくかったが心拍計内臓のスポーツウオッチ スマホのアプリで管理しやすくなっています。

では実際の自分の最大心拍数は? どうでしょう?ご存知ですか?年令とともに下がってきまし個別でちがうのですが、

簡単な計算として220から年令をひいた数値が1分間の心拍数の目安 (他計算方法ありますが省略)です。

平静時は こちらも個別でちがいますが60~70/分です。

40代ですと220-40=180/分が最大心拍数  120/分ぐらいで最大心拍数の65%です。

絶対的なペース速度だけでランニングするのではなく、心拍数をみながら 心理的なキツさと相対的な運動強度がつかみながらトレーニングすることを進めています

いつもトレーナーとしてまず気にしているバイタルサイン 体の相対的な数値の記事でした。

みなさんもご自分の心拍数 に興味を持っていただけたらと思います。