心身健康トレーナー(パーソナルトレーナー)のてらいあきらです。

本日日経記事ファミマと伊藤忠とライザップの提携の記事が目に着きました。

コンビニ、商社、ダイエットに特化したパーソナルジムで組んで何をするのか?興味あったからです。

第1弾として、ファミマ、ライザップで協業して11月に糖質を抑えた食品を18000店のファミマで売り出す。ライザップはフィットネスクラブ会員向けに低糖質の食品を販売 ファミマで扱う商品はライザップで監修 幅広い層に販売を行うという。

伊藤忠とライザップは衣料品 雑貨で、ライザップブランドの商品を売り出す。伊藤忠は大手スポーツ用品チェーン、グループのスーパー、ファミマコンビニで売り出す。

ファミマはドラックストアとの一体型店舗を増やしていて病院や栄養士と組んだ商品開発を進めておりライザップと組むことで健康関連分野の需要を深堀する。

この異業種 3社のいいとこ取りの戦略  言い換えると商社を軸に 健康商品の開発と 販売ルート組合せ戦略 業界動いているなと感じる記事でした。

低糖質のパンやお菓子がコンビニで売られる日は近いようです。