ミドルとシニアのためトレーニング指導 ダイエットのための運動指導  介護予防のための運動指導を、東京(四谷)と埼玉(所沢)中心にパーソナルトレーナーとして活動している、てらいあきらです。

なぜ パーソナルトレーナーになったか?

今日は書いてみました。

先日とある雑誌社の取材を受けたのがきっかけで考えてみました。取材いただきました方はライターのFさん チャーミングな女性でした。

私の前職はサラリーマン (給与所得者)でした。

サラリーマンのメリットは、月々定額の安定収入が入ってくること 健康保険料  年金などの代行を会社がやっていただけるなど、毎日通っていれば最低限の安定性があります。

デメリットとしては、自分の思うように動けない。組織としての決まり 方針にある程度は自分自身を合わせて行くことも必要になる。

私の場合 異動 単身赴任の可能性が最後のボタンを押しました。お金の安定性と時間の制約のトレードは私にとりデメリットのほうが多いことにきずきました。

家族と共に過ごす時間が必要 と考えいます。    たとえば子供たちへの教育  親として教えられることそれに費やす時間の有用性      老いた親(母親)の対応 充分な時間をかけたい。

会社 組織に頼らない自分でお金と時間をコントロールするために個人としてパーソナルトレーナーになったんだ。

自分の健康のレベルが上がったこと。クライアントさんと目標を決めて一緒に向かってフォロー 達成した時の一緒に味わう達成感があること。クライアントさんのうれしそうな顔を見れること。

雑誌取材を受けて、ますますパーソナルトレーナーになってよかったと気づかせていただきました。

どうですか!一緒にトレーニングやって人性の充実感を味わいませんか!